こんにちは、イマイです。

さて、ジェットのカメオを無事見送れたところで、続いては入荷のご案内です~ヽ( ´¬`)ノ

一瞬、「?」となること受けあいなデザインながら、意外としっくりくるオニキスのリングをご紹介します!

オニキス ダイヤモンド 計0.24ct 18金ホワイトゴールド リング

ピラミッド型のオニキスの頂上を腕が通過している斬新なデザイン。でも、食わず嫌いは損ですよ?

ピラミッド型のオニキスの頂上を腕が通過している斬新なデザイン。でも、食わず嫌いは損ですよ?


先の記事でも触れたように、オニキスはモーニングジュエリーにも用いられた宝石です。しかし、その質実剛健、あるいはクールビューティーな外観から、男女問わず広く愛好家を持つ宝石でもあり、またシルバージュエリーなどにもしばしば用いられる、メジャーな宝石のひとつです。

分類としては、クォーツの集合体であるカルセドニー(縞模様のない半透明の多結晶クォーツ=玉髄)やアゲート(縞模様のある半透明の多結晶クォーツ=メノウ)に近いものです。というかそうなのですが、元々オニキスとは縞模様のある黒色の多結晶クォーツ・・・この場合はアゲートと呼べるかと思いますが、こちらを指します。

ただ、現在は黒一色のものがオニキスとして広く認知されております。縞模様がないので、これはカルセドニーかジャスパー(不透明な多結晶クォーツの総称)と言って差し支えない様にも思えますが、とりあえず、一般呼称にのっとり、ここでは黒一色のもの、つまり今回ご紹介するリングについているものも「オニキス」としてご紹介いたします。

さて、では今回のオニキスについて。

オニキスは比較的採取量が多く、大粒のものも取れやすいため、ブルートパーズなどと同様、凝った装飾の大ぶりなジュエリーに使われたり、あるいは彫刻のような変わった形にカットされることも多い宝石です。

こちらのリングに留められたオニキス。これ、どんな形に見えますでしょうか?

横からの画像をご覧ください・・・。

カボションではなく、緩やかな弧を描く稜線を持つ、四角錐に近い形です

カボションではなく、緩やかな弧を描く稜線を持つ、四角錐に近い形です


いかがでしょう。骨の数が少ない傘・・・というと台無しですが、緩やかなカーブを描く稜線を持つ、四角錐の形をしていますね。

言うまでもなく、めったに見られないカットです。もしかすると、このジュエリーのためだけにカットされたのではないかというくらい珍しいです。

加えて、リングとのサイズバランス。

ご覧の通り、細身のリングと比べると、明らかに大ぶりです

ご覧の通り、細身のリングと比べると、明らかに大ぶりです


メンズの大ぶりなシルバーリングならわかる気がしますが、リングの腕もご覧の通り繊細で、加えて流れるような曲線を描いています。その中央に陣取る、不釣り合いなほど大きな、いかにもタフそうな黒い石。しかもピラミッド型。

ぱっと見の印象は、実際のところかなりアンバランスに見えます。

ただ、実はイマイはこのリングを一目見て引き込まれました。

なんというか、そう、やたらとカッコイイんですね!

確かにオニキスは大ぶりかつ漆黒で、華やかな雰囲気とは程遠いのは間違いないでしょう。

ただ、稜線の緩やかさが石全体に丸みを生み出しており、決して硬派なだけでない、柔らかい雰囲気も持ち合わせております。これがスパっと切られた鋭角の四角錐だったらこうはいかなかったでしょう。バランスの綱渡りとか呼べそうです。

石の表面の傷はほぼなく、ツヤツヤとした質感をはっきり見て取ることができますね。

そして、リングデザイン。まさかの「腕の下に中石を置く」という斬新さ。しかも、中石の直上を通る腕にはメレダイヤが配されておりますが、このメレダイヤ達も透明度の高いものが厳選されているようで、かなりキラキラします。

中石の枠も、裏側が指に馴染むよう弧を描くような形になっており、なんとなくしっくりこなそうに見えてしまうであろうリングの印象の割に、しっかりとしたフィット感があります。

最後に、全体の印象。先ほども書きましたが、カッコイイ。

ひし形の向きに留められた、大き目でもどこかシャープな印象を持つ、しかしキラキラの輝きは持たないオニキスと、その上を横断する煌めくダイヤ。

直線的な中石のシャトン(枠)と、流麗な曲線の腕。

シャープさとソフトさがはっきり分かれて共存しているリングに見えますね。中石と脇石、そしてデザイン的に二面性を持つリングは多いですが、こちらのリングについては、その印象が突出しているように思えます。

主観ですが、どこか中性的で、シャープとソフトを兼ね備えた存在・・・ハイブランドの女性のモデルさんのような印象を持たせるリングだと思いますね~。

えーそんなことある?と思ったあなた、ぜひ一度、着けに来てみてください。多分、私の印象に賛同していただけるでしょう!(•̀ᴗ•́)و ̑̑

さて、こちらのカッコイイオニキスのリング、御徒町店にてイマイの手元にございます。私がいれば、オニキス!と言っていただければ。私以外のスタッフでしたら、「CHR00135を見たい」とお伝えください。

オニキスがお好きな方、ちょっと変わったデザインのジュエリーがお好きな方、カッコイイリングをお探しの方。いろいろな方にご覧いただきたいですね~(*^-゚)v

お迎え、お待ちしております!

商品の詳細はこちらからご覧ください。

さて・・・1日に2つ記事を書いたのはどれくらいぶりか・・・ということで、他の作業に移ります笑

それでは、今日はこの辺で(^^)/~~~