こんにちは、イマイです。

晴れ間は覗いていないものの、ずーーーっと続いていた長雨も小康状態に入った・・・かな?という、ここ2日。

雨が止んだことで、少し調子も出てきましたが、やはり太陽が恋しいところ・・・( ̄ヘ ̄)

そういえば、今年はまだ「秋晴れ!」というような空を一度も見ていない気がしますね。今日は折角の中秋の名月。できれば夜は晴れて、美しい月を見ながら、団子とお茶でまったりしたいところですねぇ・・・。

まぁ、まったりしたいところにも関わらず、今日ご紹介するのはむしろ夏の森の鮮やかさ、力強さを感じさせるような宝石なのですけれどね。でも、思い入れもある石なので、ようやくご紹介できることに喜びを感じております ヽ(*⌒∇^)ノ

誰でも知っているメジャーな宝石にもかかわらず、実は初の取り扱いとなります。石もデザインもちょっと良い感じの、翡翠のネックレスです~。

翡翠 ダイヤモンド 計0.33ct 18金ホワイトゴールド ペンダント/ネックレス

小さめですが、とてもよく色が乗っている「これぞ翡翠!」な石です

小さめですが、とてもよく色が乗っている「これぞ翡翠!」な石です


ようやくひとつご紹介することができます。日本の国の石、「国石」に選ばれている、日本を代表する宝石・翡翠。ずーっと前から仕入れよう仕入れようと思っていたのですが、機会がまったくなくここまで来てしまいました。

というのも、「色」と「透明度」と「形状」を兼ね備えた翡翠・・・いや、せめてこのうち1つだけでもよいから備えているものを探していましたが、これがまた、ほんっっっっとーーーーーに見つからなかったのですね ( ̄_ ̄|||)

たま~~~に見つけても、デザイン的にレトロ過ぎたり、価格が高すぎたり、大ぶりすぎたり・・・と、なかなかこれは!というのが見つかりませんでした。

そんな折に救世主のごとく現れたのが、こちらのネックレスというわけなのですね~。翡翠と言えば、実はエメラルドと共に5月の誕生石、すなわちイマイの誕生石であることもあり、商品に欲しい欲しいと思い続けてまして。ようやく念願叶いました。実に嬉しいですね笑

さて、前置きが長くなりましたが、こちらのネックレスを見ていきましょう~ (*^-゚)v

まず、要の翡翠ですね。私がこちらのネックレスを選んだ最大の理由は、やはりこの翡翠の色です。

色に関して言えば、最高級とまではいかないまでも、なかなか上等な部類に入るかと思いますね!

下の画像を見ていただくと分かりやすいのですが、弊社にあったルースと比較すると、その鮮やかで濃い色がお分かりになるかと思います。

色の違いが明確にわかりますね

色の違いが明確にわかりますね


これらのルースはリングからの外し石、すなわち元々ジュエリーとして使われていたものです。同じくジュエリーに用いられている今回の翡翠が、明確に濃色でムラも少ないのが見て取れるかな、と思います!

次に、透明度。これはほどほど。とはいえ、まったく不透明なものも数多くあることを考えれば、十分なレベルかと思います。

ちなみに、最高級のものとなると、本のページの上に置くと、文字が読み取れるレベルの透明度だとか。恐らくそこまで行くと、目が飛び出るような価格でしょうが・・・一度仕入れてみたいものですねぇ。

唯一、形状については、一部だけ綺麗なドーム状でなく、ちょっと傾斜があるかな・・・?といったところですが、下の図のように水平にした上に、よーく見ないとわかりません。

トップを水平に見たところ。右上の一部がほーんのすこーし傾いているのがわかりますね

トップを水平に見たところ。右上の一部がほーんのすこーし傾いているのがわかりますね


敢えて石を外したりしない限りは、特に問題にならないかと思います~。

石の重量については、トップ部分に刻印がないのでわからないのですが、恐らく1~1.5ctほどと推定されます。翡翠としては決して大粒とは言えませんが、気兼ねなくお使いいただくにはぴったりのサイズでしょう。

加えて、一度視線を捕えたら離さない、この5月の新緑のような、鮮やかなグリーン

よくバイクのボディサイズなどでは使う(実は私はバイク乗りです)のですが、「クラスを超えた存在感」という言葉がはまりそうな、数字上の実サイズの印象を超える存在感を誇っています。

総合的に見て、冒頭にも述べましたが、これぞ翡翠!という印象を持たせてくれる一石ですね!

さて、次にデザインに目を向けてみましょう。曲線を用いた流麗なフォルムのトップの中央に、鮮やかな翡翠が留められております。

枠の片側のみにメレダイヤが留められたアシンメトリーデザインと、切れ長の形状。キラキラと陽光に輝く川の流れの中を、青々しい若葉が漂うかのような印象を持たせるデザインですね~。

初夏の渓流を思わせる、なんとも爽やかなフォルムです ヽ( ´¬`)ノ

・・・が。じっと眺めている間に気づいたのですが・・・横倒しにすると、切れ長の「目」にも見えるデザインですね。

「目」として見た場合、メレダイヤが「まつ毛」、そして翡翠は「目玉」ということになるでしょうか・・・。

そうなると、爽やかな印象から一転、深い緑の瞳を持つモノノケの眼差しを感じる、実に妖しげな一品へと様変わりします。

しかも、実は使おうと思えばチェーンの着け方を変えて、トップを横向きにしても使用できるんですね Σ(゚д゚;)

なかなかの目力を感じます

なかなかの目力を感じます


もちろん、どちらの着け方でも翡翠の美しさは変わりませんので、お好きなほうをお選びください。ただ、個人的には、最初の印象どおりの縦向きをオススメいたします。

もっとも、どちら向きにせよ、大ぶりでも華やかすぎるわけでもないので、割と気軽に着けることのできるネックレスかと思います。お休みの日の、ちょっとしたお出かけにぴったりかと思いますよ~ (*^-゚)v

さて、こちらの綺麗で美麗な翡翠のネックレス、御徒町店にてイマイの手元にございます。私がいれば、翡翠のネックレス!と言っていただければ。私以外のスタッフでしたら、「CHP00077を見たい」とお伝えください。

5月生まれの方だけでなく、緑の宝石がお好きな方、ファセットカット以外のの宝石に癒しを感じる方、そもそもシンプルに翡翠をお好きな方、そして綺麗なネックレスをお探しの方・・・と、実にいろいろな方にオススメしたい逸品です。

皆様のお迎え、お待ちしております!

商品の詳細はこちらからご覧ください。

あ、最後に。翡翠は、実はグリーンのほかに、ラベンダー、ブルー、オレンジ、レッド、ホワイト、ブラック、カラーレスなどなど、幅広いカラーバリエーションを持つ宝石です。

これらのカラーバリエーションについても、近々記事を書きたいと思っていますので、どうぞお楽しみに!

それでは、本日はこの辺で。また近々、お会いしましょー(^^)/~~~